フォト
無料ブログはココログ

2013年9月26日 (木)

いこいルーム(上映会付きお茶会)開きました!

F1001312_2



いこいルーム 9月23日


私が、時間ちょっと前に行くと
お茶の用意をすでにしてくれていて
『飯塚さんはコーヒーがいいかな!?』と。

現地の方々に招いていただいたような感じで
今回もいこいルームを開きました。


皆様に頂いた中で全員には渡せる量のない
毛糸やお土産を
”あみだくじ”
を作って当選者を決めていたり、
その場その場でいろいろなことで盛り上がります^^

みんなで一緒になにか一つのことをやろう
という感じになってきています。

今後、いこいルームはどういう感じになるのでしょうか!??

次回は、いつもご支援いただいている方が
子供向けのDVDなどを送っていただいたので!
お子さんやお孫さんの顔を思い浮かべたりしながら、
また盛り上がることになるかと^^

(現地の皆様へ、本当にちょっとしたプレゼントが有りましたら是非!
個数は・・・少ないほうが良いようです^^)


世間話をしたり、釣りバカ日誌をみたり、あみだクジをしたり・・
今回も、私自身気ままに過ごさせていただきました

2013年9月 4日 (水)

いこいルーム

 

F1000551
いこいルーム
のんびりとした雰囲気で行っているため
なかなか、写真を撮るタイミングもなかったりするのですが、

皆様から頂いた支援品を渡したりしながら、

いこいルームを開催しております。


お茶会+お届け会+映画鑑賞会+なんでもあり

皆様は寛いで頂いたり、おみやげを楽しみにしていたり^^

その日その日で雰囲気が違い・・

実は私は、開催前いつもどきどきしてたりするんですが、

いつも開催後は開いてよかった!

って思わせていただいています。

お菓子などを始めとしたご支援品

いつも本当に有難うございます!

引っ越す方もいらっしゃって、
嬉しい事なのですが
少しづつ寂しくなってきた
現地を応援するためにこれからも

定期的に現地にまいります。



F1000636




慰霊祭


今年で3回目となる慰霊祭が
現地の原釜漁港(相馬漁港)で行われました。

この建物は以前からあったもので、
せりが行われる場所とのことです。
もちろん、補修はされていて真新しくなっています。


私はお世話になっている現地の漁師の方々と
一緒に手を合させていただきました。

『暑いからこっちに来っ!・・
冬はここは吹きさらしで本当に寒いんだ~^^;」
夏でも心地よいくらいの風が吹いていたこの場所・・
冬だったらと思うと^^;団地でぬくぬく育った私は
耐えられそうにありません^^;


本当に大勢の方が、慰霊の灯篭流しと
その後に行われる花火大会のために集まっていました。

現地の方々のこの地を思う気持ちが
ダイレクトに伝わってくるような催しでした。

現地の方々の
地域を思う気持ち
仲間を思う気持ち
家族を思う気持ち
海を思う気持ち
この地を大切に思う気持ち・・

かなり前ですが、
私が、この地が好きだって言ったら
若いお母さんが、
いろいろ大変なことがおこってしまったけど
「私も大好き」
って言ったことが忘れられません。


汚染水が流れだした問題が原因で
また、風評被害などを考え試験操業が中止されます・・。

いまでも報道一つで近い将来の生活が
左右される生活です。

慰霊とともに、
いま必死に生活している現地の方々の
安らぎが少しでも早く来ますように。

こんな時によく思い出すんですが、

私にとって、座右の銘に代わる『座右の出来事』であること・・

イラクで、子供を突然亡くしたお母さんが言った言葉です。
(亡くなった原因は、アメリカの『誤爆』です・・・。)


『私はアメリカを憎むことはしないようにします・・
その代わり、はやく戦争が終わりますように・・』



少しでも早く、現地に安らぎが戻りますように!

2013年5月 2日 (木)

長野ツアー 第6弾!

長野ツアーも、今回で第6弾!
なんと雪の降る4月21日!
桜と雪を見ながらのツアーになりました。
現地の漁港で進水式の際に踊る民謡を
長野の市民会館でご披露頂きました。
152
ご本人曰く『ハマの女』
かっこいいです。
いまでも仲間同士で励まし合いながら
仮設で頑張っています。

暖かくなりました!

160 仮設全体がいこいルーム!?

年配の方が集会所でお茶を飲んだり
支援品をいただいたりして、
子供は頂いたおもちゃを使って遊び始め・・
でもシャツ一枚でいれる陽気だったこの日は
バトミントンのラケットを見るなりみんな
外に飛び出していきました!

久しぶりに外でバトミントンとか
鬼ごっことかしてました!

仮設をまわると外のベンチでお友達と話している
年配の方もちらほらと。

現地、いい季節になって来ました^^

2013年4月 3日 (水)

現在の支援について

現在の支援のご要望などについて、以下のページにて
まとめてあります。

http://www.facebook.com/assistance.iizuka

是非こちらも御覧ください。
facebookページになります。
どなたでも見れるようになっています。

2013年3月12日 (火)

日本をもっと優しく

支援をしている方々へ

(この内容は支援のためのコメントです。

現地で頑張っておられる方・・

重い気持ちになってしまうかもしれません。

飛ばしていただいて結構です・・)

『日本をやさしく』

まえ、いつかご報告しますといった

内容について・・

震災にあってしまったひとたちと

2011/4/3からずっとお会いさせて

頂いています。

あったとき

この方達は『今が一番辛いだろうな・・』

って思っていました。

2年たとうとしている今も時々

この方達は本当は今こそ一番大変なのでは・・

って思ったりする時があります。

この方達にこれからも忘れていませんというメッセージを

送ることが重要だと思います。

それとともに、

これだけのつらい思いを地域の中でとどめていていいのか・・

すごく考えます。

阪神大震災の教訓がなかったら

今の東北の仮設住宅は悲惨なものになったと思います。

阪神大震災でつらい思いをしてた方々の思いが

今回いかされています。

韓国の人が震災時に言っていたそうです。

『日本は地震も多い、台風も毎年来る・・災害の多いところだ。

そのなかで力を合わせて頑張ってきたすごい人たち・・。

今回も超頑張って!』

悲しいけど、今後も日本の何処かで災害があると思います。

今つらい思いをしている方々の体験を

無駄にしては絶対にいけないと思います。

次に災害にあってしまった

人たちのために・・(他人ごとではありません)

地道な積み重ねで

日本がちょっとずつやさしくなれる

と思います。

そのためにできること、

つらい思いをしている方々の思いを

少しでも多くお聞きして、まずできれば今に生かし

そして、今後のためにいかせれば。

私が今facebook以外で積極的に基本的な支援品を呼びかけていないのは

「次の災害が起こったときの最初の1ヶ月一番必要なものを

無理に今私に送ってもらってはいけない」

と思っているからです。

災害が起きてしまったところに、

支援を受け付けてくれる人がすぐに出来るように、

そしてすぐに送ることが出来るように。

今、仙台では津波にあった商業地域で

2階建てのショッピングセンターなどが

オープンしたりしています。

『震災に負けずに!』

ということと

400年後・1000年後のために

今しかできない大きな事業』

という2つのなかで前者が優先しすぎてる気がします。

行政も手が回らないのかと。

たった今現在の”経済”優先。

行政ができることと

手がまわらないことが

あるとしたら

手がまわらないことを少しでもできればと。

つらい思いをしている方々の思いを残すこと。

その思いを今後に活かすこと。

現地の方にお伺いするとすぐに・・

・復興住宅の現実

・消防団について

などの思いや

具体的に

・仮設住宅の玄関は段差がありすぎ

・子供が遊ぶ場所が少しでも欲しい

・窓が小さすぎて心まで塞がれるよう・・

などの思いなどが出てきます。

この思いを生かさなければ

つらい思いをしながら頑張っている

のがかわいそうって思います。

そして、

日本にとって大きな喪失だと。

壮大なことを言いたいのではありません。

したいのでもありません。

そのくらい今も現地の方々は戦っているんだと。

”最前線”なんだと。

今後、行政にも働きかけます。

思いを同じにする方と情報を共有します。

まずは、

『なにかしてほしいことがありませんか!?』

と問いかけると

『こんなにしていただいてもう感謝のみだ』

と、お応え頂く現地の方々のもう一方の気持ち

「こう思う、こうだったらよかった」

をすこしでもお話いただける機会を作り、今に活かせれば。

そして・・

誰が遭遇してしまうかわからない次の災害のために。

その時に、今東北でつらい思いをしている方々の気持ちが入った、

よりやさしい支援が受けられるように。

”そばにいます”

というメッセージを常に送ることを忘れずに

その一歩先も出来ればと思います。

今日からまた新しい一年。

現地の方が今日電話で言っていました。

『これからの一年、前向きに頑張るからね!』

このことばの”前向きに”という言葉が

自然になくなる日が早く来るように。

できること、していきたいと思います。

被災地に行く機会があるかた・・

ぜひそちらの方々の貴重な思いをお聞かせ下さい。

復興や応急仮設住宅などについて独自の思いのある方・・

是非お聞かせ下さい。

現地の方にも情報をお伝えします。

そこから新しい思いが出来るかもしれません。

行政や支援団体の方でこういう方向の活動をしている方・・

微力ながら、是非協力させて下さい。

こういう活動をしている方をご存知のかた

是非、お力をおかしください。

(facebook : hiro iizuka   是非御覧ください。)

2013年3月 6日 (水)

ワークショップ『ミサンガと石鹸デコを作ろう!』

140

ws 『ミサンガと石鹸デコを作ろう!』

先週、ふんばろう東日本支援プロジェクトのメンバーの
方々がいらしていただき、ミサンガ作りと石鹸デコレーションのワークショップを開催頂きました。

ご姉妹でいらしていただいたのですが、
その方ともう一方(南相馬の方)の醸し出す雰囲気が
なんとも和やかで、みなさま楽しそうにリラックスしながら
作成に取り組んでいました。

久しぶりに集会所にいらっしゃった方もいるなかで
自然に会話も生まれ、集会所がすごく暖かい空気で
包まれていました。

来ていただいた方なんと・・

東京から日帰り!!

パワフル!!

しかもこの日が誕生日の方も!!!

本当に純粋に、つらい思いをしている方々のために
できるかぎりのことをしている方々・・

こういう方々と現地の方々のふれあい・・
今でもつらい思いをしている方にとって
ものすごく貴重なものだと思います。

また来てくれるそうです^^

2013年2月28日 (木)

いこいルーム!?

『いこいルーム』!?


現地集会所の活動について、
今後すこし形を変えていこうかと思っています。
(現地の皆さんにはすでにお伝えしていますが)

支援品などのお届けやイベントと
完全に分けるのではなく

支援品あり
ビデオ上映あり
子供用のアナログ玩具あり
手芸など趣味を出来るコーナーあり
雑誌もあり・・・

総称すると・・・

いこいルーム

今後は、いこいルームに支援品を送っていただいた
方ごとにブースを作って・・
絵本のコーナー(●●さん提供)などという感じで
継続してご支援いただいている方の
形が見えるように出来ればと思っています。
そこに趣味の合う方が10分でも一緒に話ができれば
いいふれあいが出来るのではと。

今までのご支援品から
お茶菓子まで・・・
出来れば、
いつもコメントしていることですが
『つながり』と
『集い』が
自然に出来る場所になればなって思います。

子供は、ルールを決めて!
お母さんたちの了承があれば
子供向けの映画なども上映出来ればと。
特別に畳のへやでこたつに入りながらゆっくりね^^

・・・

多分ぜんぜん違う形のものが出来上がると思います^^;

でも、それが自然なんだと。

後・・
別にご報告しますが
もう一つしたいことがあります。
皆様の今の『つらい思い』を無駄にしないために。
それも、この憩いルームで出来ればと思っています。

今週末から徐々に始めていきます。

敷地全部が集会場所になる、
みんなが外で集える気候になるまで!
ちょっとでも家以外の居場所が出来るようになればと思います。

2013年1月 7日 (月)

”集い”

今日、今年はじめてのお届け会をしました。
今年のキーワードは”集い”かと。
今年、新しい家に移る人がいます。
今年、仮設住宅で3年目を迎える人がいます。
震災当初はみんなある意味一緒でした。
でも今はいろいろな状況があります。
そのなかで絶対に防ぎたいもの・・
孤独。
すべての人に言えることですが・・。
皆様のお気持ちを現地にお届けすることにより
すこしでも気持ちの上での”集い”を通して
見守ることが出来ればと思っています。
今年もよろしくお願い致します!

«フラワーアレンジメント 第2弾!